ゴールデンレトリバーのハウストレーニングは大事! まずはハウスに慣れさせよう!


犬のしつけの中で「ハウス」のトレーニングもとても大事です。
災害時やいざという時の為に、ハウスに慣れる事はとても大事です。

ゴールデンレトリバーのハウストレーニングは大事!
まずはハウスに慣れさせよう!

ゴールデンレトリバー愛犬レオ ハウス
例えばペットホテルに預ける場合や来客時などにケージ・サークルに入れる時にも安心して入る事ができると不安やストレスが減ります。

また、災害時などに避難所で過ごさなければならなくなった時にもケージ・サークルに慣れていないと、普段と違う環境でストレスになるうえに更にストレスの原因となってしまいます。

ハウスに慣れていれば、「安心できる場所」になるのでいざという時に助かります。
小さいうちだけでもケージ・サークルに入れて慣れさせて下さい。

ハウスは「安心できる場所」

まずは、サークルを用意して、犬のおうちを作ってあげましょう。

「狭い場所でかわいそう」と思ってしまうかもしれませんが、それは違います。

犬は本来身を守る場所を好み、 狭い場所の方が安心します。

留守中に安心できる場所がないと不安や緊張を感じてしまいます。

「安心できる良い場所」と覚えてもらう事が大事です。

「嫌な場所」と思わせないようにしましょう。

ハウスの大きさは、入って無理なくUターンできる広さのものがベストです。
(ゴールデンレトリバーは子犬と成犬では全然大きさが違うので、 成犬になった時の大きさを考えて買いましょう)

うちは子犬のうちは半分トイレと半分寝る場所にしてました♪

一番簡単な方法は サークルの中でご飯をあげるようにします。

サークル=ごはん=嬉しい場所

これを印象付けます。
「ハウス」と言い、誘導し、サークルに入ったらご飯をあげます♪

自然にご飯の時は何も言わなくてもハウスに入るようになります☆

ご飯の後はトイレをすると思うので、トイレしたら出してあげましょう☆
トイレトレーニングも同時にします♪

「ハウス」という合図と一緒に指を刺すなどのボディランゲージを加えると、さらに理解しやすいです。

注意する事

無理にサークルに押し込めたり閉じ込めたりしないこと。
サークルが嫌な場所になってしまっては入りたがらず逃げるようになってしまいます。

夜寝る時は、サークルの中で眠らせるようにして下さい。
※出して欲しくてキュンキュン鳴いたり吠えたりしても無視して下さい。
「吠えたら出してくれる」と思ってしまったら 要求吠えする子になってしまいます。
落ち着いたら出しましょう。

犬用のベッドや毛布などで落ち着く空間を作ってあげてください♪
これもなかなか根気がいると思いますが、がんばりましょう♪

こちらの記事もご覧下さい