今流行りのインフルエンザ、人間から犬には感染しないの?


今、インフルエンザが流行っていますね。
ところで、インフルエンザって一緒に暮らしている犬にうつらないんでしょうか?
実は、100%うつらない、とは言い切れないんです。

今流行りのインフルエンザ、人間から犬には感染しないの?

ゴールデンレトリバー愛犬レオ マスクしてみた

みなさん、予防対策はしていますか?
手洗い・うがいをしっかりして感染しないようにしなきゃですね。

インフルエンザの種類

インフルエンザは鳥や豚、犬など他の動物達の間でもかかる病気で型や種類が様々です。
確認されてから長い年数が経ってるものもあれば、近年世界的に大流行した”新型”と言われるタイプも存在します。
動物から人に感染することを人畜共通感染症、人獣共通感染症(Zoonosis)と言われています。
これは”動物から” ”人へ” の感染症を言っております。
鳥インフルエンザや豚インフルエンザなどですね。

人から動物は感染しないの?

基本的には人→人、鳥→鳥、豚→豚、馬→馬、犬→犬 といったように、同じ種類の動物同士で感染します。
しかし、ウイルスが変異や組み換えを繰り返した結果、異なる種に感染するようになったインフルエンザの型もありますので、うつる可能性は100%ないとは言い切れません。

実際に、新型インフルエンザと呼ばれる”H1N1″に感染した飼い主からペットへの感染報告があります。

感染した症例

初めて感染が確認されたのは2009年、アメリカ・オレゴン州で新型インフルエンザ(H1N1)にかかった飼い主からペットの猫に感染し、H1N1感染による肺炎で猫が死亡してしまったそうです。

インフルエンザはウイルス配列を簡単に変えることができてしまうため特に気をつける必要があるそうです。

以前から知られている鳥や豚で進化するインフルエンザ・ウィルスのように別の生物へと感染して、その結果ウィルスが強力になり、致死率が高い、また簡単に感染するような形に変異してしまう可能性があるのが怖いですね。

念のために犬と距離をおこう

基本的にはうつらないとはいえ、新型インフルエンザの感染も何度か確認されていますし、変異によってどんな形で感染するか分からないので気をつけた方がいいでしょう。

インフルエンザにかかったら念のため家の中でもマスクをして、愛犬とは距離をとって、治った後も犬の様子に変化がないか観察した方が良いです。

具合が悪そうになったら、獣医さんに診てもらいましょう。