ゴールデンレトリバーの子犬をお迎え


準備もしっかりして、いよいよ子犬を家族の一員に迎え入れる日。
きっと家族みんなワクワクしていることでしょう♪
最初の1週間はとても重要です。

ゴールデンレトリバーの子犬をお迎え

当日やるべきことや、注意することをまとめます。

お迎えに行く時に持っていくもの

たいていは、自ら車でお迎えに行く場合が多いと思います。
その時にお店側で用意してくれる場合もありますが、以下のものを持っていくと便利です。

・ケージ
・お水を入れる容器
・お水
・ペットシーツ
・ウェットティッシュ
・いらないタオル
・毛布

確認事項

お店の人、ブリーダーの人に確認しておいたほうがいいことがあります。

・予防接種の確認…混合ワクチンの接種回数を確認し、注射済の証明書をもらいましょう。
・血統書の確認…その場でもらえない場合は、いつ頃郵送されるのがをきちんと確認しましょう。
・寄生虫の有無…有無を確認し、済んでいるようなら結果を教えてもらいましょう。
・ご飯の確認…与えていたご飯の種類、量、回数、時間を確認し、一週間くらいはそれと同じようにあげましょう。
・排便の特徴や時間を聞いておくと、トイレトレーニングがしやすくなります。
・子犬が使っていた毛布やおもちゃ、服などニオイのついたものが何かもらえないか聞いてみる。同じニオイのものがあれば安心できるため。

飛行機輸送の場合

慣れない移動に飛行機に、ストレスで水分や糖分が不足している可能性があります。
お水を飲ませてあげましょう。

ケージの中が汚れている場合は、ペットシーツを取り替えてあげましょう。

車移動の場合

子犬は車に乗ると酔うことがあります。

乗る前に食べ物を与えないようにしてください。

ケージをしっかり固定して、酔いにくいようにしてあげてください。
ケージがない場合は、バスタオルや毛布にくるんでひざの上にしっかり載せてください。
寄り道はせず、すぐに家に帰りましょう。

その日の体調を確認

移動と新しい環境に変わる時はただでさえストレスになります。
移動日に体調が悪いと余計ダメージを与えてしまい、最悪の場合命にかかわることもあります。

家を出る前に事前に連絡して、体調は万全か確認してからお迎えに行きましょう。