ゴールデンレトリバーは番犬にはならない? 無駄吠えの治し方


ゴールデンレトリバーは大きいので番犬になると思われがちですが、意外に番犬に不向きです。
人が大好きなので・・笑。
無駄吠えが少ない犬種ですが、無駄吠えする場合の治し方について説明します。

ゴールデンレトリバーは番犬にはならない?
無駄吠えの治し方

ゴールデンレトリバーは基本的に無駄吠えが少ない犬種なので、普通は番犬にはなりません。

ゴールデンレトリバーは番犬には不向き?

犬嫌いの人には存在だけで効果があると思いますが・・
番犬に、と考えているのなら日本犬などのがオススメです。

中には家族を守る本能が強い子や警戒心が強い子は番犬にもなるかもしれません。
うちの愛犬も、何も教えてないのにお客さんが来たら吠えて教えてくれます。

ただ、人間が大好きなので入ってきたらすぐに懐いて意味なくなってしまいそうですね(笑)

大型犬が吠えるだけでも効果はあると思うので、番犬として重要な役割を果たしてくれてますがw

ゴールデンレトリバーは無駄吠えは少ない方ですが、子犬期のしつけ次第では無駄吠えする子になってしまいます。

家に来た時が勝負!

子犬の頃、サークルで一人で寝かせると夜寂しくなって夜鳴きする場合があります。
その時に かわいそうだからと、相手しにいったり様子を見に行ったりするのは絶対にやめて下さい。

吠えれば来てくれると覚えてしまい、吠えるようになってしまいます。
ここはぐっとがまんして無視をして静かになるまで待ちましょう。

夜鳴きの効果的な対策

ゴールデンレトリバーが夜鳴きを繰り返す場合、色々な対策が考えられます。

夜寝る時に

・ぬいぐるみを一緒に置いておく。
・電気を薄めにつけておく。
・サークルにタオルなどをかぶせる。※息ができる状態にしてください。

昼間にも無駄吠えする場合

子犬が突然吠えたら、
・新聞紙などを使って床をたたいて驚かせる
・安全なものを投げつけて(犬には当てないように)大きな音をさせる。
・ペットボトルに金属製の音が出るものを詰めて投げる方法も考えられます。
・おもちゃの水鉄砲などを顔にかける

などが有効です。

吠えた時に相手するよりも、無視をしたり嫌がる音を出してびっくりさせる方法で治しましょう。

サークルの中で吠えていたら、吠えたから出すのはNGです。

鳴きやむのを待って、静かになったら褒めてサークルから出しましょう。