黒いゴールデンレトリバーって??フラットコーテッドレトリバーとは?


街のどこかで、黒いゴールデンレトリバーみたいな犬を見かけたことはありますか?
実はこれ、ゴールデンレトリバーではないんです。

黒いゴールデンって??
フラットコーテッドレトリバーとは?

フラットコーテッドレトリバー

フラットコーテッドレトリバーという犬種をご存じでしょうか。

意外に知られていないみたいなので、少し説明します♪

ゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバーは有名ですが、フラットコーテッドレトリバーという名前を言える方はあんまりいないかもしれませんね。

フラットコーテッドレトリバーとは?

原産国はゴールデンと同じくイギリス。

本種の直系の先祖であるウェイビーコーテッド・レトリーバーに更なる改良を加え、1900年頃に誕生した犬種です。

かつて作業犬として人気の高かったフラット・コーテッドだったが、ラブラドール・レトリーバーやゴールデン・レトリーバーの誕生により人気を奪われ、第二次世界大戦により頭数が激減したそうです。

戦後はほぼ絶滅状態にまで瀕したが、ブリーダーによって犬種が保存され、頭数を回復しました。

水中における鴨の運搬だけでなく、陸上においても獲物の回収犬として重宝されました。

レトリバー犬種の中で最も足が速く、セッターに由来すると思われる探索犬としての資質を強く残す猟犬です。

毛色は黒と茶色 (レバー)。
性格は、活発に遊ぶことが大好きな犬種です。

ゴールデンレトリバーとフラットコーテッドレトリバーの違い

毛の量がフラットコーテッドレトリーバーはそんなに長くないので、ゴールデンレトリバーのように頻繁にブラッシングを行う必要もありません。

ゴールデンレトリバーは3~5歳を過ぎると落ち着く傾向にありますが、フラットコーテッドレトリバーはずっと無邪気なままなので運動量が多いです。

他のレトリバーと違いかっしりとしたタイプではなく、適度な筋肉質な体格が特徴です。

軽やかに流れるような足取りも特徴のひとつです。

見た目がゴールデンに似てるので、ゴールデン好きな人はきっとフラットも好きかなぁと思います♪