ゴールデンレトリバーの歴史について


まずは、ここからお話ししたいと思います。

ゴールデンレトリバーの歴史について

ゴールデンレトリバー愛犬レオ

原産国はイギリス

ゴールデンレトリバーは、狩猟の盛んだった19世紀のイギリスで、水辺で撃ち落とした獲物を回収する鳥猟犬(ガン・ドッグ)として作られました。
始祖は黄色のウェービー・コーテッド・レトリバー。

1865年に偶然生まれた黄色のウェービー・コーテッド・レトリバーに、水中作業が得意なツイード・ウォーター・スパニエルが掛け合わされた事から始まり、20年近くかけレトリバー、スパニエル、アイリッシュセッター、ブラッドハウンドといった犬を慎重に交配させて1903年に新しいレトリバーとして犬種登録されました。
最初はフラット・コーテッド・レトリバーの中の「ゴールデン」という登録
その数年後の1920年、単独の「ゴールデンレトリバー」という犬種として認められました。

アメリカに渡り、現在のアメリカタイプが確立される

今でも「イギリスタイプ」のゴールデンも残っていますが、今の日本にいるゴールデンレトリバーのほとんどが、この「アメリカタイプ」のゴールデンです。

外見も性格も少し違いますが、両タイプともフレンドリーで優秀な鳥猟犬であり、現代ではすばらしい家庭犬として親しまれています。

「英国ゴールデンレトリバー」と「米国ゴールデンレトリバー」の違いについては、こちらの記事(英国ゴールデンと米国ゴールデンの違いは?白いゴールデン?)をご覧ください。