犬に食べさせてはいけないもの~危険度:高~チョコを食べたら死ぬってホント?!


ゴールデンレトリバーは体が大きいからといって何でも食べて良いわけではありません。
犬に食べさせてはいけないものは何?

犬に食べさせてはいけないもの~危険度:高~

人間には無害でも、犬が食べたら危険なものはたくさんあります。

一歩間違えれば死に至ることさえあります。

危険度の高い食べ物

この危険度が高い食べ物はとにかく死に至る危険性があるので特に気をつけてください。

ネギ類

タマネギ・長ネギ・ニラ、ニンニク、エシャロット、ラッキョウなど、ユリ科植物
タマネギには赤血球を破壊する成分も含まれる為、溶血性貧血、ハインツ小体性貧血を起こす。
量によっては死に至ることもある。
エキスが出ているものも危険です。
症状…胃腸障害、血尿、衰弱、心拍の増加など。

カカオ類

チョコレート、ココアなど
カカオには香り成分の1つに中枢神経を刺激する毒素も含んでいる。
カカオ含有量の高いビターチョコほど犬や猫に危険となる。
小型犬の場合、板チョコ1枚分で致死量になる可能性があります。
症状…不整脈、心拍の増加、口の渇き、過剰な活動、痙攣、発作、嘔吐など

人間用の医薬品・栄養補助食品・サプリメント

人間用に処方されたものを獣医師の許可なく与えるのはとても危険です。
鎮痛剤に含まれる成分は強い中毒を起こし、錠剤1錠で致命傷となる場合があります。
症状…様々。目に見えない症状もあるので、誤飲があったらすぐに獣医さんに相談しましょう。

レーズン、ブドウ

アメリカの調査機関によって、有害性があると認められました。
因果関係はまだはっきり解明されておらず、重い症状の出る犬もいれば平気な犬もいるそうです。
重度の場合は腎不全から死亡するケースも報告されているので避けるべき食材と言えます。
症状…摂取後2~3時間後から嘔吐、下痢、腹痛、3~5日後に腎不全を起こす。

アボカド

アボカドに含まれるペルジンが毒になります。
果実だけでなく、葉、種子、樹皮にも含まれています。
症状…嘔吐、下痢を含む胃腸の炎症、死亡の恐れ。

マカデミアナッツ

レーズン、ブドウと同様に有害とされています。
症状…無気力、嘔吐、異常な高熱、筋硬直、ふるえ、心拍の増加

キシリトール

ガムなどに使われる甘味料のキシリトールは犬に有害と発表されています。
症状…少量でも摂取すると30分以内に血糖値が低下し、嘔吐、歩行困難、内出血、肝不全を発症する危険があります。
9キロの犬の場合、2,3枚のキシリトールガムで致命傷となるという報告もあります。

基本的に、人間と同じものを食べさせるのはあまりよくありません。
味がついているものなども、犬にはよくないのでやめましょう。

こちらの記事もご覧下さい