犬に食べさせてはいけない食べ物~危険度:低~


犬に食べさせてはいけない食べ物は何?
危険度低編です。

犬に食べさせてはいけない食べ物(危険度:低)

少し気をつけたい食べ物

※食べ過ぎ注意

消化に良くないもの

トウモロコシ、ナッツ、こんにゃくなど
症状…消化不良、下痢

生卵

加熱すれば問題なく、栄養にも優れた食品となります。
症状…下痢、皮膚炎、結膜炎

イカ、タコ、貝類、甲殻類、淡水魚

生の場合は注意。
症状…食欲低下、嘔吐、症状が進むと痙攣、ふらつきなどの神経障害など。

青魚など

過食すると体内の脂肪が酸化して「黄色脂肪症」になります。
症状…皮膚の下にしこりができる。
慢性的な食生活の偏りにより発症します。

レバー

過食するとビタミンA過剰症になる。
症状…骨の変形。

ピーナッツ

50%以上が油分でできている。
人間用に加工されたものは塩分が付着している場合もあります。
マグネシウムを多く含むので、結石の原因にもなります。
症状…肥満、糖尿病、腎臓病、結石など

ホウレンソウ

シュウ酸が結石の原因になります。
茹でてアクを撮るとシュウ酸を減らすことができます。
症状…結石

野菜類、おからなど

適量なら体に良い食材ですが、野菜に含まれるセルロースを消化できない為、大量に摂取すると胃腸の負担になります。
症状…下痢、便秘など

愛犬の健康を考えて、人間と同じ食事は与えないように気をつけてあげてくださいね♪

こちらの記事もご覧下さい