ペットロスと「虹の橋」


ペットロスになった時に、読んでみてもらいたい「虹の橋」という詩があります。
私が先代ゴールデンレトリバーを亡くした時に、この詩を読んで少しだけ心が救われたような気がしました。
もしも、ペットロスになってしまったら、これを読んで少しでも気持ちが楽になってくれたらいいなと思います。

ペットロスと「虹の橋」

虹の橋の起源は?

「虹の橋」は原作者不詳のまま、世界中の沢山の動物のサイトに伝わっている詩です。

作品は、1980年から1992年のあいだに造られたと考えられますが、正確な詩作の時期はなお不明です。

ペットを失った動物愛好家のあいだで広く知られるようになり、最初はアメリカで流布していました。
それが世界中に広がり、日本でもこの詩の原文や翻訳、またそのヴァリエーションが広がっています。

「虹の橋」の内容は?

亡くなったペットの魂は虹の橋のたもとにある一面に緑の草原が広がる楽園に行き、そこで元の飼い主を待っていると、うたっています。
そして彼らの飼い主がまた世を去った日、この場所でペットと人々は再会し、虹の橋を共にわたって、天国へと入って行くと信じられています。

「虹の橋」の和訳

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。

この地上にいる誰かと愛しあっていた動物たちは、
死ぬと『虹の橋』へ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれ、
彼らは暖かく快適に過ごしているのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさを感じているのです。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに小刻みに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。
幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する動物を優しく愛撫します。

そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日たりとも消えたことのなかったその瞳を。

それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです。

こちらの記事もご覧下さい