ゴールデンレトリバーのサマーカットは危険?


ゴールデンレトリバーは、というよりもほとんどの犬は暑さに弱いです。

ゴールデンレトリバーは毛が長いので、見た目も暑いしかわいそうで毛を短くしたい気持ちになると思います。

でもこれ、実は逆効果でもあり、危険でもあるんです。
サマーカットについて詳しくお話します。

ゴールデンレトリバーのサマーカットは危険?

夏の熱中症対策は必須です。

暑さ対策については以前(ゴールデンレトリバーは夏に弱い?熱中症など暑さ対策は?)の記事でもお話してサマーカットについても少し触れていますが…

我が家の愛犬も、母が「暑くてかわいそうだから」とライオンカットにしてきた事があるのですが、実はそれは間違ったイメージなんです。

サマーカットにする理由

夏が近くなると、サマーカットにする犬がよくいます。

理由は愛犬の暑さ対策や熱中症対策の場合が多く、短くカットする事で飼い主や家族としてもさっぱりして涼しく見えるからといえます。

また、毛を短くすることで手入れがしやすいという人間側の理由もあると思います。

確かに手入れは楽になります。
が、犬にとって本来あるべき毛の役割がなくなってしまうことによるデメリットや、危険性もよく知っておくことが大事だと思います。

犬の毛の役割

ゴールデンレトリバーの毛はダブルコートです。
(参考ゴールデンレトリバーの被毛

犬の毛には様々な役割があります。

  • 外敵からの攻撃から体を守る
  • 水をはじく事で体が濡れる事を防ぐ
  • 体が乾燥する事を防ぐ
  • 病原体や寄生虫の感染や進入を防ぐ
  • 体温調節
  • 保温・断熱材の役割
  • 直射日光や紫外線などの外的刺激から皮膚を守る

見て頂くと分かるように、人から見ると暑いと思われる被毛ですが、それがある事で夏場の暑さを乗り切る事ができるということです。

人間の様に汗で体温の調節がスムーズにできない犬は、「なるべく外気温の影響を受けない様にすること」で自衛をしている訳です。

被毛の隙間に空気の層を何層も作り出し、その内側にある本体を守っているんですね。

サマーカットが危険な理由

サマーカットと言ってもいろいろありますが、皮膚が見えてしまう程剃ってしまうのは特に危険です。

体温調節ができなくなる

被毛がなくなってしまったり短くなりすぎたりする事で体温調節の役割が失われ、熱が溜まりやすくなり、逆に暑さを感じやすくなって熱中症になりやすくなる場合もあります。

皮膚に悪影響を及ぼす

被毛の役割である他の犬などからの攻撃を直に受けるので怪我も大きくなりやすく、細菌や寄生虫、病原菌などの感染や進入の可能性も高くなり、体を濡らす可能性が高くなり、乾燥しやすくなります。

被毛トラブルが起こる

バリカンで丸刈りすると、毛質や毛色が変わってしまったり、伸びた被毛の長さにムラが出てしまったりする事があり、特にダブルコートの犬種にその変化が現れやすいといわれます。

また、ホルモンの異常などにより生えにくくなる場合もあります。

良かれと思ってやっていたことが、実は悪いことだらけだったんです。
知らない飼い主さんもいっぱいいると思うので、トリマーさんにはライオンカットについてのリスクを説明してほしいですね。

犬にとっては被毛が少なくなったり無くなってしまうサマーカットはデメリットが大きく、熱中症対策にもならないのであれば、犬のサマーカットをする意味はありません。

例外としてドッグスポーツなどの大会に出場を目指している犬など激しいトレーニングをする犬は、サマーカットをする事で熱を放出する量が増加する為に行う意味があります。

しかし家庭犬の場合は皮膚疾患があって…などの理由が無い限りは、丸刈りは絶対に駄目です。

サマーカットをする場合・した場合

サマーカットは全体を刈り込むのではなく、毛を梳く感じで。
長さを保って全体量を少し減らす程度が良い様です。

足の間の毛や、太股の間の毛、脇の間の毛などだけカットするぐらいなら大丈夫だと思いますので、トリマーさんと相談してください。

もしも今既にサマーカットをしてしまったという方は、絶対に直射日光は当たらないようにしたり、散歩に行く時など服を着せて肌を守ってあげてください。

逆に冷えすぎても風邪をひきやすくなるので、よく観察して体調管理に気をつけてあげましょう。

サマーカットは犬にとって悪影響なのでオススメしません。

他の方法で熱中症対策をしてあげてください♪

こちらの記事もご覧下さい