ゴールデンレトリバーの一生


犬の一生は人間と比べるととても短いです。
時間の流れ方も違うので、成長の仕方も違います。

ゴールデンレトリバーの一生

ゴールデンレトリバーの一生の流れを抑えましょう。

子犬期

コロッコロのかわいい時期ですね♪

生後2週間

生後2~4週間で五感が発達して少しずつ活動し始め離乳も始まります。

生後1カ月

母犬から離れ、あちこち冒険を始めます。

生後2カ月半~3カ月

子犬を迎えるのはこの時期がベスト。

これより早すぎる時期に母犬や兄弟犬から離されると、犬同士の社会化が不十分で基本的な性格形成にも影響がでる恐れがあります。

生後3カ月

2回目のワクチン接種が終わったら、庭やドッグランなどで自由運動を始めて外の楽しさや自由に動き回る喜びを教えましょう。

他の犬種は2回目のワクチンが終わったらお散歩デビューですが、ゴールデンレトリバーはまだ骨格が未熟なので脚に多大な負担をかけてしまいます。
リードでお散歩するのはまだ先です。

生後6カ月

リードをつけたお散歩を始める時期。

生後7カ月

パピー用のフードから成犬用フードに切り替えましょう。

1歳前後

性成熟を迎え、メスの場合、初めてのヒート(生理)がきます。
オスもメスのヒートに反応して発情が始まります。

成犬期

そろそろ成犬に♪

1歳半

体系が完成されて外見は一人前になる。
被毛もパピーコートから大人に変わる時期です。
が、まだまだ中身は子供です♪

2歳

人間でいう20歳くらい。
中身はまだ子供でやんちゃ盛りです♪

3歳

心身共に安定して、やっと落ち着きが出てきます。

シニア期

そろそろシニア期に突入です。

6歳

食事や運動のコントロールをしないと肥満になりやすいです。
低カロリーなシニアフードに切り替えましょう。

7~8歳

白髪が増え、顔周りが白くなってきます。
ガンの発症があったり、寝る時間が増えたり、老いの兆候が見られます。

10歳

すっかり高齢期に。
体の故障が多くなります。
遠出などは負担がかかるので控えましょう。

12歳

昔は当たり前にできたことができなくなってしまいます。
運動、食事、環境などをもう一度見直しましょう。

13歳

心身に負担をかけないように、無理のない生活を送らせましょう。
いつもと違う事、新しい場所や物事にストレスを感じるので、生活リズムや食事などいつもと同じように生活させましょう。

こちらの記事もご覧下さい